松くい虫

一般的には、「松くい虫」「松枯れと」と呼ばれ、正式名称は「マツ材線虫病」と言いうマツ科樹木に発生する感染症です。北海道を除く日本全国で被害が確認されている。

症状

夏から秋にかけてマツの針葉が色あせ最終的には枯れてします。針葉の枯れは症状の最終段階でありそれに先立って正常なまま松脂が減少する。健全なマツは幹を傷つけると大量に松脂を分泌するが、この病気を発症したマツは松脂の量が減少し全く出さないこともある。また、発病した個体の幹には多数の穴が見られることが多い。これは病に限ったことではないが、マツが弱ってくるとキクイムシやカミキリムシが集まってくるためである。

原因

「マツノザイセンチュウ」と呼ばれる線虫の一種の感染による。マツ枯れの原因は昆虫ではないかという説が長くあり、「松くい虫」などの病名にも名残が見られる。この説では「松くい虫」として何種類かのキクイムシやゾウムシ、カミキリムシなどが挙げられており防除方法の研究が行われていた。確かに枯死木には多数の昆虫が見られるが、これらはマツが弱ってから侵入したのであって因果が逆であることが分かっている。

執筆中